フェイシャルエステサロンは
美容市場で最も成長が期待できるビジネスです

日本・美容関連市場全体の規模

約9兆円規模の美容関連市場において
エステティック施術事業は今後も増加傾向

現在の日本における美容関連市場は、「美容産業」「化粧品産業」「婚礼産業」までを含めると約9兆円もの巨大規模へと成長し続けています。
中でもエステティック施術事業は、専門サロンだけでなく、美容室やネイルサロン、フットケアサロン、化粧品販売店などにも併設され、その裾野を広げています。これは、化粧品の進化や美容情報の氾濫で美を追求する女性が増え、エステティックサロンなどの美容サービスを気軽かつ積極的に利用する動きにより、さらなる拡大につながっているためです。
このようなことからも美容関連は今後も成長事業として位置付けることができます。

フェイシャルサロン市場規模
伸長率推移も堅調

エステティック施術の市場構成比率と美顔市場の伸長率推移

フェイシャルサロンは痩身・ボディや脱毛に比べて高額な設備投資も必要なく、ハンドトリートメント中心のサービスを提供できることから、利益率の高い業態として人気があります。お客様の半数近くがフェイシャル施術を入り口にリピート化する率が高いこともあり、フェイシャルサロンは市場内で優位なポジションを獲得できます。最近の動向としては他店との差別化が重要だとされ、「ミスエステ スキンナビゲーションシステム」はまさにそれに当たります。

ミスエステ スキンナビゲーションシステム

フェイシャルサロンは
平均粗利益率約70~80%の高収益ビジネス

他店との差別化が重要だとされるフェイシャルサロン市場において、当社グループが独自に開発した「ミスエステ スキンナビゲーションシステム」は明確なコンセプトを持ち、独自のシステムがあることが大きな強みです。
「ミスエステ スキンナビゲーションシステム」の特長は、肌解析機によって“肌年齢”という分かりやすい数値を示し、お客様のモチベーションを常に維持することができる点です。
また、トリートメントコースや肌年齢に合わせた5歳刻み7種類のベーシックラインと肌別対応の化粧品をご用意しております。結果を出せることでお客様の満足度も上がり、自ずとリピート率も高まるため、安定売上・安定経営が可能になります。 これらの強いコンテンツを揃えた当社は、高収益ビジネスのミスエステフェイシャルサロンを地区限定募集で展開していきます。

異業種からの参入でも可能

ミスエステ独自の経営ノウハウ

フランチャイズ経営への参入を考えるとき、事業に対して深い知識や専門的な技術の必要性を感じ、参入にネガティブになってしまうことは多々あることです。
ミスエステ フェイシャルサロンは、当社グループが30年間以上培ってきた独自の経営ノウハウがありますので、それらを活かしたサポート体制によりエステティックサロン経営の経験がない異業種のオーナー様でも安心して開業していただけます。